サービスデザイン2010公式ブログ

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報デザインコース3年次後期演習「サービスデザイン」の公式ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイディアスケッチ30案!

こんにちは。情報デザインコース3年の奥村浩気です。
先日はアイディアスケッチを描く練習をしましたが、さっそくアイディアスケッチを描きます。
その数、ひとり30案!前期で「あそびのデザイン」を履修した学生は慣れていますが、そうでない学生は戸惑う人も。

3_idea.jpg
▲アイディアスケッチを描いている様子

30案スケッチは、自分が提供したいサービスを描いていきます。Just ideaだけではなく、学食のサービスを描くインフォグラフィックスを通して気付いたキーワード、ブレインストーミングで大事だと思ったことを軸にアイディアを発想して描いていきます。

演習のはじめの頃に、既存のサービスを描くことを目的にインフォグラフィックスを描きましたが、その他にも「サービス調査シート」なるものを書きました。これはウェブ上のサービス、リアルのサービスそれぞれのサービスの提供者、利用者、利用する流れなどを調査するものです。
また、食のサービスということで各自が持っている今までの食の経験(実家でスイカの種を飛ばしたとか)も発想の出発点の一つです。
単なるアイディアではなく、自分が大切だと思うこと、こうなったら便利だと思うこと、などの今までの経験から発想して、新たなサービスをつくっていきます。

3_idea2.jpg

3_idea3.jpg

▲アイディアスケッチ30案を共有している様子

続いて、アイディアスケッチ30案をみんなで共有します。他の人がどんなアイディアを考えているのか、ここで共有します。さらに、気になった他人のアイディアスケッチに印をつけます。描いた人からすると、どのアイディアに多くの人が注目しているのかがわかります。しかし印が多くついているからといって良いサービスデザインのアイディアとは限りません。ここが難しいところです。デザイナーの卵として、どのアイディアを進めていくのか決断しなければなりません。
スポンサーサイト

| 演習の様子 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://servicedesign2010.blog89.fc2.com/tb.php/6-ad4faa57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。