サービスデザイン2010公式ブログ

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報デザインコース3年次後期演習「サービスデザイン」の公式ブログです。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

既存サービスの観察と表現~多摩美の学食の観察~

こんにちは。情報デザインコース3年の奥村浩気です。
サービスデザインをするトレーニングとして、既存のサービス(多摩美の学食の観察)をインフォグラフィックスにする課題を行ないました。
サービスをデザインする前に、どうやってサービスが出来上がっているのかを観察し表現することで、サービスをデザインするトレーニングをします。目で見えないものを表現する=インフォグラフィックスを描くことを試みます。

1_info3.jpg

1_info2.jpg
▲食堂を観察している様子。実際に食券を買って食べたりしてみます。

インフォグラフィックスにするポイントとして、サービスの要素(環境、オブジェクト、プロセス、人、感情)に着目しながら気づいたことをメモしていきました。
ただメモをするだけではなく、そこで起きている出来事などをラフスケッチすることで既存のサービスを描くことを試みます。このとき写真や動画はできるだけ撮らないようにしました。

次に、各自が観察で気付いたことや大切だと思ったことをインフォグラフィックスにします。

1_info_.jpg
▲インフォグラフィックスの講評の様子

オブジェクト(ソースのボトルなど)に着目する人、人やプロセス(混雑の状況、食事が出てくる流れなど)に着目する人、感情(食堂で働いている人の想いなど)に着目する人など、様々なインフォグラフィックスが提出されました。
提出されたインフォグラフィックスは先生に講評され、ブラッシュアップして全員が再び提出します。
スポンサーサイト

| 演習の様子 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。