サービスデザイン2010公式ブログ

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報デザインコース3年次後期演習「サービスデザイン」の公式ブログです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サービスデザインとは?

初めまして!情報デザイン3年の奥村浩気です。
この記事がブログの最初の記事ですが、ここでは「サービスデザインって何だ?」ということを簡単にご説明致します。

サービスデザインは、多摩美術大学情報デザインコースで3年生向けに開講されている専門演習科目のひとつです。3年生は「経験デザイン領域」「メディアデザイン領域」「拡張デザイン領域」の3つのなかから、前期・後期に1つずつ履修します。サービスデザインは経験デザイン領域の後期の演習です。
それではオリエンテーションの資料を引用して説明させていただきたいと思います。

【経験デザイン領域】
情報ツールや情報サービスのしくみやかたちをデザインする。
「情報」を利用しさまざまな活動をする人々に、豊かな経験価値を提供するための知識とスキルを学ぶ。

【概要】
「サービスデザイン」は、人と人、人と情報との新しい関係を生み出す新しいデザイン分野である。授業では、人と情報との関係を整理し具体的なサービスシステムをデザインする経験を通じて、デザインのプロセスと手法への理解を深めていく。
演習の目的は、広い意味でのソフトウェアを中心として機能するシステムを対象とし、人々がそれを使うための形と仕組みづくりを学ぶことである。そのために、私たちが、読むことや書くこと、知ることや対話すること、あるいは共に考えることなど、人間の知的な活動を観察しデザインのモチーフとする。人々の活動とその知的なメカニズムを把握して再構築することから、新たなサービスのデザインを行っていく。

【主な演習内容】
フィールドワーク、サービス・インフォグラフィックス、アイデアスケッチ、サービスの構想、プロトタイピング(紙、デジタル、アクティングアウト)、詳細デザイン、シミュレーション、ストーリーテリング、モックアップ制作(web、Flashほか)、ポートフォリオ制作、パネル制作、展示とプレゼンテーション等。


...ということです。
これだけだと少しわかりづらいかもしれませんが、ものすごく簡単にいうと、ユーザにとって豊かな経験価値をもたらす新しいサービスを創造する、デザインする、ということだと僕は個人的には解釈しています。

ちなみにですが、前期の経験デザイン領域は「あそびのデザイン」ということで、様々なあそびの経験を元にした新たなあそびのツールとルールのデザイン、という課題に取り組みました。
ブログはこちら!→あそびのデザイン2010オープンキャンパス公式ブログ

今年のテーマはずばり、「食のサービスデザイン」です!
スポンサーサイト

| 演習の概要 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。